MENU

プロペシア

プロペシアとは、フィナステリドとも呼ばれ、AGAという男性型脱毛症に効果がある薄毛治療薬のことです。

 

アメリカのメルク社が開発し、今では世界の60か国以上で承認されている薄毛の治療薬です。

 

世界で初めて医師が処方する薄毛の治療薬として広く知られています。

 

日本での歴史は、旧万有製薬であるMSD株式会社が2001年にプロペシアの臨床実験を始めました。その後、2003年に厚生労働省の認可を申請、2005年の12月から日本国内で薄毛の治療薬として販売されるようになりました。

 

元々は、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使われていましたが、患者の毛髪が増えたことがきっかけで薄毛治療薬として使われるようになりました。

 

プロペシアはミノキシジルと同じくらい、薄毛対策の成分としては有名です。

 

プロペシアは、通常は服用薬として用いられることが多いですが、塗るタイプもあります。

 

内服薬ですが、効果が出る人は即効性がある人が4人に1人、徐々に効果が出る人が2人に1人、効果を感じられない人が4人に1人という割合です。

 

ですから、医師の処方薬だと言っても飲み続けていれば誰でも成果が表れるということでは無いようです。

 

プロペシアには、頭痛や腹痛、下痢や眠気、胃の不快感、男性機能の低下などの副作用が報告されています。

 

 

 

スマホやタブレットでも!